FC2ブログ

僕は自己紹介、というか
自分のアイデンティティを
琵琶奏者と緊縛師
としています

ohnawa-9292_420x280


どっちもまだ未熟だけどね(´・ω・`)

緊縛師と呼ばれる人たちは社会的には数少ない存在ですが
琵琶奏者はもっと少ない、絶滅危惧種です
1500年の歴史が、いま途絶えるところです_(:□ 」∠)_

琵琶奏者として、緊縛やSMの界隈を見ると
緊縛やSMの界隈が羨ましくさえ見えます
技術や花を持ったタレント(talent)が沢山いて
それぞれの個性が強くて
競争があって

時々twitter上とかでいろいろあるけど
そんな活気すら起こらない
(あってもだれも注目しない)琵琶の界隈からすると
やっぱり業界として元気なんだって思います

琵琶の業界をdisって言う訳ではなくて
みなさん大変努力して、いるんですが
なんと言え、絶対数の少なさは
全体の活力を弱く見せてしまうのですね(´・ω・`)
琵琶の業界には素晴らしい演奏者だって、人間国宝だって居ますが
慢性的なタレント不足が否めないのですよ。
花がないんですね、花が

僕は36歳まで臨床工学技士として働いていましたが
この職種はまだ新しい国家資格で資格者の少ない職種で
僕が働き始めた時もまだ黎明期で
個々の質を上げるべきか、全体数を増やすべきか?
が問われていた頃で
僕たちは先ず全体数を上げるべきと考え
業界団体として努力し、国や社会、学生に働きかけました
その甲斐あって、今でも日本の医療を担うキーパーソンになっていると思います。

なんて経験があるもんで
やっぱり数が大事だな〜って思います

みんなで仲良くする必要はないけど
排他的な考え方してると
琵琶みたいに、あっという間に絶滅危惧種になっちゃうんじゃないかしら
っておもっちゃう(´・ω・`)

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

筑前琵琶ふう

Author:筑前琵琶ふう
ふぅ
琵琶奏者/緊縛師
歌舞伎町「密蜜-mitsu-」水木日担当
http://bar-mitsu.com
演奏・緊縛等の依頼は
minamotm@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR